公演記録

  • 友右衛門
  • 廣太郎
  • 廣松

大谷廣太郎

2018年
2018年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
1月 歌舞伎座 壽 初春大歌舞伎 昼の部 「菅原伝授手習鑑」車引 舎人杉王丸
夜の部 歌舞伎十八番の内「勧進帳」 後見
2月 歌舞伎座 二月大歌舞伎 夜の部 「壽三代歌舞伎賑」木挽町芝居前 表方廣太郎
3月 歌舞伎座 三月大歌舞伎 昼の部 四世中村雀右衛門七回忌追善狂言
「男女道成寺」
所化
4月 名古屋・御園座 杮葺落四月大歌舞伎 昼の部 「籠釣瓶花街酔醒」 若い者与助
夜の部 歌舞伎十八番の内「勧進帳」 駿河次郎
6月 福岡・博多座 六月博多座大歌舞伎 昼の部 三代猿之助四十八撰の内「伊達の十役」 山中鹿之助
夜の部 「新皿屋舗月雨暈」魚屋宗五郎 鳶芳松
新歌舞伎十八番の内「春興鏡獅子」 用人関口十太夫
7月 大阪・松竹座 七月大歌舞伎 昼の部 歌舞伎十八番の内「勧進帳」 後見
夜の部 「女殺油地獄」 刷毛の弥五郎
8月 歌舞伎座 八月納涼歌舞伎 第二部 「東海道中膝栗毛」 五日月屋亭主藤六/地獄の書記官司命
第三部 「盟三五大切」 十二軒の内びん虎蔵
9月 歌舞伎座 秀山祭九月大歌舞伎 昼の部 「鬼揃紅葉狩」 従者雪郎太
2017年
2017年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
1月 歌舞伎座 壽 初春大歌舞伎 昼の部 「将軍江戸を去る」 彰義隊士土肥庄次郎
2月 歌舞伎座 猿若祭二月大歌舞伎 昼の部 「大商蛭子島」 畠山庄司重忠
3月 歌舞伎座 三月大歌舞伎 夜の部 「双蝶々曲輪日記」引窓 三原伝造
3月 日本橋劇場 花柳ツルの会 奏風楽「お夏恋慕笠」 但馬屋手代勘七
4月 香川・金丸座 第33回 四国こんぴら歌舞伎大芝居 第一部 「神霊矢口渡」 新田義峯
第二部 五代目中村雀右衛門襲名披露「口上」
5月 代々木第一体育館 氷艶2017~破沙羅 鬼佐渡坊
6月 国立劇場 第91回 歌舞伎鑑賞教室 歌舞伎十八番の内「毛抜」 八剣数馬
7月 大阪・松竹座 七月大歌舞伎 昼の部 「夏祭浪花鑑」 下剃三吉
8月 歌舞伎座 八月納涼歌舞伎 第二部 「東海道中膝栗毛」歌舞伎座捕物帖 玩具の左七
10月 歌舞伎座 芸術祭十月大歌舞伎 夜の部 「漢人韓文手管始」唐人話 太鼓持善六
11月 歌舞伎座 吉例顔見世大歌舞伎 昼の部 「湧昇水鯉滝」鯉つかみ 奴浮平実は鯉の精の眷属蟹丸
12月 歌舞伎座 十二月大歌舞伎 第一部 「源平布引滝」実盛物語 郎党
2016年
2016年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
1月 歌舞伎座 壽 初春大歌舞伎 夜の部 秀山十種の内「二条城の清正」 池田輝政
2月 歌舞伎座 二月大歌舞伎 昼の部 通し狂言「新書太閤記」 半兵衛弟子小熊
3月 歌舞伎座 三月大歌舞伎 昼の部 「寿曽我対面」 近江小藤太成家
4月 歌舞伎座 四月大歌舞伎 昼の部 「沖津浪闇不知火」不知火検校 若旦那豊太郎
夜の部 「幻想神空海」 廷臣馬之幕
5月 MGMグランド デヴィッド・カッパーフィールド劇場 ラスベガス歌舞伎公演 「獅子王」 矢前掃家季/髭鯨子分花札恋之丞
6月 福岡・博多座 六月博多座大歌舞伎 昼の部 歌舞伎十八番の内「毛抜」 八剣数馬
7月 大阪・松竹座 七月大歌舞伎 昼の部 「夕霧名残の正月 由縁の月」 太鼓持鶴七
8月 歌舞伎座 八月納涼歌舞伎 第二部 「東海道中膝栗毛」 五日月屋番頭藤六/赤福屋手代廣吉
9月 公文協・西コース 松竹大歌舞伎 「當年祝春駒」 曽我五郎
五代目中村雀右衛門襲名披露「口上」
10月 名古屋・日本特殊陶業市民会館 錦秋名古屋顔見世 昼の部 「橋弁慶」 従者
夜の部 「菅原伝授手習鑑」寺子屋 涎くり与太郎
「品川心中」 城木屋楼若い衆廣吉
11月 歌舞伎座 吉例顔見世大歌舞伎 昼の部 歌舞伎十八番の内「毛抜」 八剣数馬
夜の部 「近江源氏先陣館」盛綱陣屋 四天王
12月 京都・先斗町歌舞練場 當る酉歳 吉例顔見世興行 第二部 「菅原伝授手習鑑」車引 舎人杉王丸
第三部 「京鹿子娘道成寺」 強力不動坊
2015年
2015年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
1月 歌舞伎座 壽 初春大歌舞伎 昼の部 「祇園祭礼信仰記」金閣寺 松永鬼藤太
「一本刀土俵入」 町人伊兵衛
2月 福岡・博多座 二月花形歌舞伎 三代猿之助四十八撰の内「伊達の十役」 山中鹿之助
3月 歌舞伎座 三月大歌舞伎 夜の部 通し狂言「菅原伝授手習鑑」(寺子屋) 涎くり与太郎
4月 歌舞伎座 四月大歌舞伎 昼の部 「六歌仙容彩」喜撰 所化
夜の部 「梶原平三誉石切」 梶原方大名岡崎将監頼国
4月 国立劇場・小劇場 藤間勘十郎 素踊りの会 昼の部 長唄「茶壺」 麻胡六
夜の部 長唄「春興鏡獅子」 渋井五左衛門
5月 歌舞伎座 團菊祭五月大歌舞伎 夜の部 「神明恵和合取組」め組の喧嘩 二本榎の若太郎
7月 新橋演舞場 歌舞伎NEXT「阿弖流為」 「阿弖流為」 飛連通
9月 歌舞伎座 秀山祭九月大歌舞伎 昼の部 新歌舞伎十八番の内「紅葉狩」 従者左源太
10月 大阪・松竹座 歌舞伎NEXT「阿弖流為」 「阿弖流為」 飛連通
10月 早稲田大学・大隈講堂 日本舞踊と早稲田大学~伝統と希望2015 「連獅子」 仔獅子の精
11月 歌舞伎座 吉例顔見世大歌舞伎 昼の部 「源平布引滝」実盛物語 郎党
「曽我綉俠御所染」御所五郎蔵 五郎蔵子分秩父重介
12月 国立劇場 十二月歌舞伎公演 通し狂言「東海道四谷怪談」 秋山長兵衛
2014年
2014年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
1月 歌舞伎座 歌舞伎座新開場柿葺落
壽 初春大歌舞伎
昼の部 「梶原平三誉石切」 梶原方大名川島八平近重
2月 歌舞伎座 歌舞伎座新開場柿葺落
二月花形歌舞伎
夜の部 通し狂言「青砥稿花紅彩画」白浪五人男 手下岩渕の三次実は川越三郎義国
3月 歌舞伎座 歌舞伎座新開場柿葺落
鳳凰祭三月大歌舞伎
夜の部 「盲長屋梅加賀鳶」 加賀鳶数珠玉房吉
4月 香川・金丸座 第30回記念 四国こんぴら歌舞伎大芝居 第一部 「菅原伝授手習鑑」加茂堤 斎世の君
「菅原伝授手習鑑」車引 金棒引藤内
第二部 「女殺油地獄」 皆朱の善兵衛
5月 明治座 五月花形歌舞伎 夜の部 三代猿之助四十八撰の内「伊達の十役」 新造小紫
6月 福岡・博多座 六月博多座大歌舞伎 昼の部 「双蝶々曲輪日記」角力場 手代庄八
夜の部 「恩讐の彼方に」 浪々の武士
新歌舞伎十八番の内「船弁慶」 舟子梶六
8月 国立劇場・小劇場 四世中村雀右衛門三回忌追善舞踊会 清元「吉野山」 佐藤忠信実は源九郎狐
8月 日本橋劇場 趣向の華 ファイナル公演 演奏/三方掛合「紅葉狩」 長唄・三味線
「東海道仇討絵巻」-岡崎怪猫・女助六雁金お七- 役人長谷川監物
「表裏おうち騒動」
義士外伝「雪解真徳利」-新忠臣蔵外伝赤垣源蔵- 医者髭の沢庵
舞踊/常磐津「乗合舟恵方萬歳」 太夫
麗美遊「花の万華鏡」 若衆歌舞伎
8月 香取市・小見川文化センター 九代目松本幸四郎特別公演 「寿式三番叟」 千歳
9月 歌舞伎座 秀山祭九月大歌舞伎 夜の部 「曽我綉俠御所染」御所五郎蔵 五郎蔵子分二宮太郎次
10月 国立劇場 十月歌舞伎公演 通し狂言「双蝶々曲輪日記」 三原伝造
10月 国立劇場 第14回 伝統歌舞伎保存会研修発表会 「双蝶々曲輪日記」引窓 濡髪長五郎
11月 歌舞伎座 吉例顔見世大歌舞伎 昼の部 「一谷嫩軍記」熊谷陣屋 亀井六郎
夜の部 歌舞伎十八番の内「勧進帳」 後見
12月 京都・南座 當る未歳 吉例顔見世興行 昼の部 「新皿屋舗月雨暈」魚屋宗五郎 鳶芳松
2013年
2013年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
1月 新橋演舞場 壽 初春大歌舞伎 夜の部 「ひらかな盛衰記」逆櫓 船頭灘若九郎作
四世中村雀右衛門一周忌追善狂言
「仮名手本忠臣蔵」七段目
富森助右衛門正国
2月 日生劇場 二月大歌舞伎 通し狂言「新皿屋舗月雨暈」 鳶芳松
3月 新橋演舞場 三月花形歌舞伎 昼の部 「暗闇の丑松」 料理人作公
4月 歌舞伎座 歌舞伎座新開場
柿葺落四月大歌舞伎
第一部 「壽祝歌舞伎華彩~鶴寿千歳」 宮中の男
5月 明治座 五月花形歌舞伎 夜の部 「将軍江戸を去る」 彰義隊士土肥庄次郎
6月 歌舞伎座 歌舞伎座新開場
柿葺落六月大歌舞伎
第一部 「六歌仙容彩」喜撰 所化
第三部 歌舞伎十八番の内「助六由縁江戸桜」 茶屋廻り松次
7月 歌舞伎座 歌舞伎座新開場柿葺落
七月花形歌舞伎
昼の部 通し狂言「加賀見山再岩藤」 近侍松浪主計
8月 内幸町ホール 趣向の華 若木公演 「若華競浪花菱織」-御存お初徳兵衛・花火師又助返り忠の段- 鮫島岩次
9月 新橋演舞場 九月大歌舞伎 昼の部 「男女道成寺」 所化
「天衣紛上野初花」河内山 近習米村伴吾
10月 国立劇場 十月歌舞伎公演 「一谷嫩軍記」 片岡八郎
12月 歌舞伎座 歌舞伎座新開場柿葺落
十二月大歌舞伎
昼の部 通し狂言「仮名手本忠臣蔵」(四段目) 富森助右衛門正国
夜の部 通し狂言「仮名手本忠臣蔵」(七段目・十一段目) 富森助右衛門正国
2012年
2012年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
1月 国立劇場 初春歌舞伎公演 「奴凧廓春風」 新造小藤
1月 国立劇場 第8回 伝統歌舞伎保存会研修発表会 新歌舞伎十八番の内「素襖落」 太刀持鈍太郎
3月 新橋演舞場 三月大歌舞伎 夜の部 「東山桜荘子」佐倉義民伝 大名伊丹肥前守
4月 新橋演舞場 四月花形歌舞伎 昼の部 通し狂言「仮名手本忠臣蔵」(四段目) 小汐田又之丞高教
通し狂言「仮名手本忠臣蔵」(十一段目) 小汐田又之丞高教
5月 新橋演舞場 五月花形歌舞伎 夜の部 通し狂言「椿説弓張月」 左府頼長の霊
6月 国立劇場 第81回 歌舞伎鑑賞教室 歌舞伎のみかた 解説
7月 国立劇場 第82回 歌舞伎鑑賞教室 歌舞伎十八番の内「毛抜」 八剣数馬
8月 日本橋劇場 第四回 趣向の華 昼の部 演奏/長唄「連獅子」 三味線
「敵討廓春雨」 坂上伊織
「白虎隊」 西田新七
夜の部 「大和神話武勇功」-日本武尊大蛇退治・鶴彦怪異の場- 知多の四郎蔵/大蛇の分身
9月 新橋演舞場 秀山祭九月大歌舞伎 夜の部 「時今也桔梗旗揚」 丹羽五郎兼定
「京鹿子娘道成寺」 所化
9月 国立劇場 宗家藤間流 藤間会
二世藤間勘祖二十三回忌追善
長唄「雨乞其角」 其角の弟子
常磐津「関の扉」-新書小町桜容彩- 安貞奴軍助
10月 新橋演舞場 芸術祭十月大歌舞伎 夜の部 「曽我綉俠御所染」御所五郎蔵 五郎蔵子分新貝荒蔵
11月 国立劇場 十一月歌舞伎公演 通し狂言「浮世柄比翼稲妻」 茶屋廻り鶴吉
12月 新橋演舞場 十二月大歌舞伎 昼の部 通し狂言「御摂勧進帳」-芋洗い勧進帳- 源八兵衛広綱
2011年
2011年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
5月 新橋演舞場 五月大歌舞伎 昼の部 「敵討天下茶屋聚」 田楽師松阿
6月 新橋演舞場 六月大歌舞伎 昼の部 「頼朝の死」 新熊野別当快順
7月 岐阜・じゅうろくプラザ 和の浪漫~歌舞伎舞踊公演 義太夫「吉野山」 佐藤忠信実は源九郎狐
7月 新橋演舞場 東日本大震災復興支援
歌舞伎チャリティ公演
「東北民謡づくし」
8月 日本橋劇場 趣向の華 特別公演 昼の部 演奏/清元・長唄「喜撰」 長唄・三味線
歌舞伎舞踊抄「続花形一寸顔見世」 「操り三番叟」翁
夜の部 「染錦絵化生景事」-土蜘蛛退治・豆腐小僧忠義の段- 望月主税/山城太郎行近
9月 新橋演舞場 秀山祭九月大歌舞伎 夜の部 「増補双級巴」石川五右衛門 藤吉の臣左忠太
10月 名古屋・御園座 第四十七回 吉例顔見世 昼の部 「南総里見八犬伝」芳流閣・利根川のだんまり 犬田小文吾
夜の部 歌舞伎十八番の内「助六由縁江戸桜」 男伊達竹門虎蔵
11月 セルリアンタワー能楽堂 伝統芸能の夕べ 長唄「膏薬練」 従者太郎
12月 日生劇場 十二月歌舞伎公演 昼の部 「碁盤忠信」 後見
2010年
2010年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
1月 歌舞伎座 壽 初春大歌舞伎 夜の部 「春の寿」 従者
4月 歌舞伎座 御名残四月大歌舞伎 第三部 歌舞伎十八番の内「助六由縁江戸桜」 茶屋廻り松次
4月 歌舞伎座 歌舞伎座閉場式 「京鹿子娘道成寺」 所化
7月 国立劇場 演劇人祭
日本演劇協会創立60周年記念
長唄「春駒」 茶道珍斎
7月 浅草公会堂 第七回 一心會 長唄「七福神」
8月 日本橋劇場 第三回 趣向の華 昼の部 演奏/長唄「越後獅子」 三味線
「月花怨皿絵」-怪談皿屋敷- 花見客政吉
夜の部 「傳書猿島郡」-傾城滝夜叉- 仕出しの胴八実は碓井貞光
2009年
2009年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
8月 日本橋劇場 第二回 趣向の華 演奏・舞踊/長唄「藤娘」 三味線
歌舞伎舞踊抄「花形一寸顔見世」 「三社祭」悪玉
「血染錦有馬怪異」-化猫騒動- 梅沢数馬
2008年
2008年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
1月 歌舞伎座 壽 初春大歌舞伎 夜の部 歌舞伎十八番の内「助六由縁江戸桜」 茶屋廻り金太
8月 日本橋劇場 趣向の華 演奏/長唄「娘道成寺」 三味線
「異聞廓文章」-敵討天竺徳兵衛- 鈴木主水
2007年
2007年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
8月 日本橋劇場 第六回 一心會 長唄「船弁慶」 舟子岩作
9月 歌舞伎座 秀山祭九月大歌舞伎 夜の部 秀山十種の内「二條城の清正」 右兵衛義直
2006年
2006年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
5月 新橋演舞場 五月大歌舞伎 夜の部 「京鹿子娘道成寺」 所化
8月 国立劇場 宗家藤間流 藤間会
二世藤間勘祖十七回忌追善
長唄「船弁慶」 駿河次郎
9月 歌舞伎座 秀山祭九月大歌舞伎 夜の部 「籠釣瓶花街酔醒」 九重付茶屋廻り鶴丸
「鬼揃紅葉狩」 男山八幡の末社千秋彦
2004年
2004年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
5月 歌舞伎座 五月大歌舞伎 夜の部 「碁太平記白石噺」新吉原揚屋 宮城野付禿しげり
6月 歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部 歌舞伎十八番の内「助六由縁江戸桜」 茶屋廻り金太
2003年
2003年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
1月 歌舞伎座 壽 初春大歌舞伎 夜の部 歌舞伎十八番の内「助六由縁江戸桜」 揚巻付禿たより
2002年
2002年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
9月 歌舞伎座 宗家藤間流 藤間会
八世宗家藤間勘十郎・三世藤間勘祖襲名
二世藤間勘祖十三回忌追善
長唄「楠公」 足利方武士
2000年
2000年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
1月 新橋演舞場 寿 新春大歌舞伎 夜の部 歌舞伎十八番の内「助六由縁江戸桜」 揚巻付禿たより
9月 国立劇場 二世藤間勘祖生誕百年記念舞踊会 清元・長唄「喜撰」 所化
1999年
1999年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
9月 歌舞伎座 九月大歌舞伎 昼の部 傘寿を祝うて向い雀
「二人道成寺」
所化
1998年
1998年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
5月 歌舞伎座 團菊祭五月大歌舞伎 昼の部 「江戸育お祭佐七」 踊りのおかる
1996年
1996年 劇場 公演名 昼/夜 演目 役名
11月 歌舞伎座 吉例顔見世大歌舞伎 昼の部 新古演劇十種の内「土蜘」 石神実は小姓四郎吾